1歩進んで2歩下がる。

北米カー・オブ・ザ・イヤーとコンシューマーレポート

コンシューマーレポート

少し古い話題なのだけど、この1月、北米カー・オブ・ザ・イヤーのSUV・トラック部門にマツダのCX-9が選ばれた。
このクルマ、マツダのフラッグシップという位置づけで、3列シート7人乗りのクロスオーバーSUVだ。
MAZDA CX-9

シリコンバレーでも走っているのを時々見かけるが、ミニバンにありがちな所帯じみた生活臭もなく、ごついSUVの無骨さもなく、スタイリッシュでカッコイイと思う。しかし、このクルマは日本市場では発売されていない。
ボディサイズの大きさが日本市場で受け入れられないという判断なのかもしれない。
もしかしたら、カー・オブ・ザ・イヤー受賞が追い風になって、日本市場にも投入されるかもしれないけど、自分がほしいかと考えると7人乗りはいらないなぁ・・・と思ってしまう。
それよりは、同じマツダなら既に日本でも発売されているCX-7も格好いいなぁ、と思ってしまう。

 MAZDA CX-9 http://www.mazdausa.com/CX9
 MAZDA CX-7 http://www.mazdausa.com/CX7

このCX-9だけでなく、日本で発売されていない日本メーカーの車種というのは実は結構ある。
トヨタは、サイオンという若者向けブランドで、日本では売れないクーペを売っていたりする。

日本でも売れるんじゃないの?という格好いいクルマも少なくない。
特に格好いいので、ぜひ日本でも発売してほしいのは日産の高級ライン「インフィニティ」のクロスオーバーSUV「FX」だ。日本でも売ればいいのに。
 INFINITI FX : http://www.infiniti.com/fx/

・・・もしかして、僕のデザイン嗜好がアメリカナイズされてきたんだろうか?

それでは、そういったクルマたちが日本でも結果が出るたびに新聞記事になる、アメリカの非営利団体が発行する雑誌「コンシューマーレポート」ではどう評価されているか見てみよう。

カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたMAZDA CX-9は、かなり手厳しく書かれている。
ベースとなるフォードのモデルよりも静かで機敏で内装も優れているとした上で、所有者の満足度こそ平均より高いものの、ブレーキングのしにくさや燃費の悪さが欠点として挙げられ、さらにこの雑誌が重点を置く「信頼性」の項目で、かなり低い位置に置かれてしまっている。

CX-7については、操縦性については褒めているものの、ロードノイズやハイオク仕様であること、乗り心地そして信頼性などで、かなり手厳しい評価だ。

マツダの肩を持つわけではないが、どちらも新しいモデルだけに初期不良が多くて信頼性のスコアを下げたんじゃないかな・・・という気もするので、今後のモデル熟成で評価がアップするんじゃないかな、と思っている。

ちなみに、インフィニティのFXはというと、「オススメ(REDOMMENDED)」マークを獲得している。これはどうやら、2003年のデビュー以来の高い信頼性によるみたいだ。操縦性や加速については褒めつつ、乗り心地、後方視界、荷室の広さ、小回りの悪さ、ハイオク仕様であることなどを減点ポイントにしている。それでもオススメマークを獲得できるということは、信頼性がいかに大きなウェイトを置かれているかがわかる。

信頼性が高いといえば日本車のお家芸のように思っていたが、「コンシューマー・レポート」によるとそうとばかりもいえないようだ。もちろん、全体的に日本車の評価がとても高いのは事実なのだけど、じわじわと韓国ブランドが上位に食い込んできているのは、日本メーカーにとっては脅威だろう。

そんなことを考えながら、クルマの写真が満載の「コンシューマー・レポート」を眺めているのはとても楽しい。買うわけでもないのに。

■Response 「北米COTYはマツダ CX-9 とシボレー マリブ が受賞」
 http://response.jp/issue/2008/0114/article104192_1.html

■Response 『コンシューマーレポート』トップ10中の7車種が日本ブランド
 http://response.jp/issue/2008/0229/article106365_1.html

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ninniku.dtiblog.com/tb.php/145-b5fc747c

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 



Calendar

09 | 2017-10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Now and Recent Books

楽天ブックス へのリンクです。

■今、読んでいる本
「脳が冴える15の習慣」:築山節


■最近読んだ5冊

「適当論」: 高田純次


「レバレッジ時間術」:本田直之


「ウェブ社会をどう生きるか」:西垣通


「エンド・クレジットに最適な夏」:福田栄一


「ハイドラ」:金原ひとみ

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks






ブログでブームはブロモーション



ブログで報酬稼ぐなら!buzzmo(バズモ)

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse